初心者がやりがちなミスを減らそう

コメント(0)

おはゴッフィ!ゴッドフィールドbotだよ。

突然だけど、現実世界で君の友達はどれくらいいるかな??

10人以上と答えたあなたは…ゴッフィーのセンスがありません!一生隠れ乱闘で友達とワイワイ楽しく充実した日々を送って、どうぞ。(グスン)

で、この質問にグサッときたそこのあなたこそ、ゴッフィーのセンスがあるね!このゲームは相手が嫌だと思うプレイをすればいい結果が出やすいんだ。

今回はわかりやすい例を3つ用意して解説するよ!

攻撃系の奇跡は連打する

奇跡は連打されるとウザい

例えば、相手が大木・岩・炎あたりを連打してきたら超ウザくない???

なぜウザいかというと、奇跡は防御・対策できるカードが少ないからだね。

で、それだけだったらまだマシなんだけど…対策カードが少ないということは、防御することでドローできるはずだったカード(防具の分)がドローできず、vs通常属性の場合と比べて逆転の可能性がとても少ないんだ。

逆に言えば、自分も奇跡を連打するように心がければ相手を困らせられそうだ。

自分も奇跡を連打する

ということは、自分も攻撃系奇跡は連打するに限るよね!!!

相手がやられて嫌なプレイは、すなわち勝てるプレイだということ!だから、ウザいプレイを徹底すれば勝率もどんどん上がっていくよ。

さっきの説明でいうと、途中で普通の武器を使ってしまったら相手は防具の分カードを引けてしまう。ということは、それだけ逆転されるリスクが上がってしまうことになる。

だから基本的には、攻撃系奇跡を手に入れたら通常武器は使わないほうがいいよ!特に始めたての頃は状況判断がそこまで正確にできないから、奇跡連打!って決めといた方が長期的にはミスも減ると思う。

闇属性は即ぶっぱする

始まってすぐは”ちくりんちょチャンス”

もう一つウザい場面を挙げるとすれば、初手闇属性ぶっぱだよね!

ふざけるなしん!!!

これもなぜウザいかというと、どうしようもないからだよね。始まってすぐは腕前の差が出にくいから、工夫しても防具が手に入らない場合が多いんだ。

逆にもたもたしてたら相手に防具を引かれてしまうから、基本的に初心者のうちは闇属性が手に入ったら即使用でもいいと思うよ!(レート1800まではかな〜り通用する)

 

上手くなると相手の防具がどれくらいか分かってくる

ただし、レート2000以上や30ターン以降になるとそう簡単に闇属性は通らない。だからうまく闇を通す技術や読みが重要になってくる。

経験を積むとなんとなく分かってくるし、攻略wikiでも「闇属性の使い方」記事を執筆する予定なのでお楽しみに(ホーム画面の記事一覧から確認してね)。

両替でMPを増やされたら「売る」を使おう

奇跡やマジカルステッキを使う時には、だいたい両替が必要になるよね。

つまり、相手が両替してMPを増やしてきたら「危険信号」!!

こんな感じに両替されたらピンチです。

そこで、相手が両替した瞬間を狙って「売る」でMPを削ってしまおう!!もしこの場面で¥20のカードを売れば、相手はHP50 MP0になってしまうから、奇跡を使うことができなくなる。

相手の両替時にはしっかり売るで対応する、これは初心者脱出のために重要なポイント。

まとめ

・相手の嫌がるプレイを心がけよう!

・奇跡は一生連打しまくる!!

・闇属性は速攻使う!!

・相手の両替後は「売る」チャンス!!!

これができれば初心者は卒業!立派な預言者としてエリート街道を突き進んでくれ〜

では、またゴッフィー。

コメントを書き込む


Protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

まだ書き込みがありません。

drawer_btn menu

データベース

攻略メニュー

その他